シアリスは正しい飲み方をすることで効果に期待ができます。服用方法からEDになる原因や改善法までをご紹介します。

EDの原因

勃起の仕組

男性ならみんな経験することになる現象が勃起ですが、皆さんは勃起の仕組みについてご存知ですか?

勃起は興奮したときに血液が性器に送られて起きるものですが、実はその仕組みはとても複雑になっているんです。

男性の性器には左右一対の陰茎海綿体と一本の尿道海綿体が通っており、海綿体の周りは分厚い白膜という膜で覆われています。

勃起していないときは陰茎海綿体に繋がる血管や平滑筋は収縮した状態ですが、性的な刺激を感じると、脳の中枢神経が反応し、それが脊髄神経を通って陰茎へ伝わり、体内で一酸化窒素が放出されます。

すると陰茎深動脈という、勃起に最も関わっている血管と螺行動脈が緩み、海綿体の平滑筋も弛緩し、一気に海綿体へ血液が流れ込みます。

結果、血液の圧力によって海綿体は硬くなり、勃起に繋がります。

一旦勃起すると白膜も膨れた状態になり、静脈が圧迫されて一度流れ込んだ血液が簡単に出ていかなくなり、勃起を維持することができるというわけなんです。

また、性的な刺激を受けて一酸化炭素が放出された際、サイクリックGMPという勃起をするときに重要な体内物質が増加します。

サイクリックGMPが増えることによって陰茎の平滑筋が緩むのですが、同時に陰茎海綿体にはPDE5という酵素も存在しており、この酵素が増えすぎてしまうことがあります。

すると勃起を維持することができなくなってしまい、EDに繋がってしまいます。

EDとはどのような病気か

EDで頭を抱える男

それでは、勃起を上手く維持することができなくなってしまうEDとは、詳しくはどんな状態なのでしょうか。

よく耳にするEDという言葉ですが、日本ではまだ認知度が低く、EDであることに気付いていない人たちも大勢います。

自分がEDなのかどうなのか調べるためにも、まずはEDについて知っておきましょう。

EDは勃起障害、勃起不全とも呼ばれ、勃起機能が低下してしまっている状態のことを意味します。

多くの人は全く勃起が起こらない状態を思い浮かべると思いますが、全く勃起が起きない状態に限らず、硬さや勃起状態の維持が不十分だったり、満足な性交を行うことが難しい状態のことをEDといいます。

日本では成人男性の4人に1人が中程度以上のED症状を抱えているとされており、特に40歳以上ではEDの割合は増え、60歳以上では2人に1人がEDを自覚しているといわれています。

皆さんが思っている以上に、EDという病気は身近な病気になっているんです。

EDの定義は十分な勃起が得られないか、維持できないために満足な性行為を行うことが難しい状態の他に、これらの症状が3ヶ月以上持続する場合になります。

もし、勃起がしにくいと感じてから3ヶ月以上その状態が続いていたら、EDを疑ったほうがいいでしょう。

症状は一体どんなものか

EDについてチェックを勧める医者

十分な勃起を維持することができなくなってしまうED。

一度EDになってしまうと、男性としての自信もプライドもズタズタになってしまうため、EDを警戒している人も多いでしょう。

男性にとって厄介なEDですが、その症状はどんなものなのか、皆さんは詳しくご存知ですか?

EDの症状は人によって様々ですが、代表的な症状として性欲はあるし興奮も感じているのになかなか勃起しない、最初は勃起するけれど維持できない、途中で萎えてしまうといった症状です。

EDになってしまうと性的な能力への自信を失ってしまい、性生活に対して消極的になってしまう人も多いので、EDになってしまったときはできるだけ早く治療をすることをオススメします。

先ほども既にご説明しましたが、性的な刺激を受けると脳が興奮を感じ、神経を通してそれが陰茎へ伝えられ、勃起が起こります。

しかし、神経や血管などが満足に働かず、海綿体に十分な血液が送り込まれないと満足な勃起をすることができません。

もし、EDかもしれないと思ったときは今までの状態を振り返り、勃起を維持することが難しくなってから3ヶ月以上経過しているかといったことと同時に、これらの症状が出ていないかをしっかりチェックすることをオススメします。

EDになってしまう原因

EDの原因を紹介する医者

様々な病気に原因があるように、EDにもきちんとした原因があります。

EDになることを避けたい人やEDになってしまったからどんな原因で起きてしまったのかきっちり知りたいと考えている人もいると思うので、EDの原因にはどのようなものがあるのかご紹介します。

EDの原因は人によって様々という面があります。

しかし、大きく分けて3つの原因に分類することができ、身体的な原因である器質性ED、精神的な原因である心因性ED、薬の副作用が原因である薬剤性EDがあります。

それぞれのタイプで対処法なども微妙に変化があるので、もしEDになってしまった場合は自分のEDはどのタイプなのかをしっかり把握しておきましょう。

また、今はまだEDではないという人でも、それぞれのEDの原因のタイプについて詳しく知っておけば予防をすることにも繋がるので、きちんとした知識を得ておくことをオススメします。

また、EDの中には精神的なストレスに加えて血管や神経の障害で起きる、器質性EDと心因性EDが混ざりあった混合性EDというものもあります。

混合性EDは60代以上に多いという特徴があるので、60代以上の人で器質性ED、心因性ED、薬剤性EDとは少し違った感じがするという方は混合性EDを疑ってみてもいいかもしれません。

器質性EDはどんなものか

生活習慣病予備軍の男

中高年からのEDに最も多い原因が神経の障害や血管の動脈硬化の進行などが原因で起きる器質性EDです。

動脈硬化というと恐ろしい病気の症状の印象があるかもしれませんが、身体は30歳を過ぎると加齢と共に老化してくるため、血管も同じように老化してきます。

血管が老化すると弾力性が徐々に低下して動脈硬化を起こし、血が流れても血管が十分に拡がらずに血液の巡りが悪くなってしまい、EDの原因に繋がってしまいます。

また、器質性EDは血管障害によるもののほかに、脳から陰茎までの伝達神経が損傷した場合に起きる神経障害によるものや、男性ホルモンの1つであるテストステロンの低下などによる内分泌機能低下によるものも含まれています。

血管障害によるものは糖尿病などの生活習慣病や高血圧なども含まれているので、生活習慣にも注意が必要です。

身体的な障害という大きな原因から、さらに血管障害が原因のもの、神経障害が原因のもの、内分泌機能低下が原因によるものといったようにさらに細かく分類することができます。

器質性EDを治療するためにはそれぞれの原因に合わせて治療方法も微妙に異なってくることがあるので注意しましょう。

また、テストステロンの不足が原因で起きている場合はテストステロンを補充して治療を行う方法もありますが、この方法は非常に副作用が多いので避けることをオススメします。

心因性EDはどんなタイプか

心理的に悩みを抱えてる男

物理的な原因で起きるのが器質性EDですが、それと対になるのが心因性EDです。

先ほども少し触れましたが、心因性EDは精神的な原因で起きるEDです。

仕事や家庭など日常生活のストレスや性行為に失敗したときのトラウマ、プレッシャーなどの精神的なストレスが引き金となって起きるEDで、神経に性的な興奮が上手く伝わらなくなってしまい、自分の意思とは反対に勃起をすることができなくなってしまいます。

一見性行為とは直結していないようなものでも心因性EDを起こす引き金になってしまう場合もあるので、注意が必要です。

心因性EDは10代後半から20代前半の性行為の経験が浅い若い男性や、仕事が忙しい30代から40代の男性に多いという特徴があります。

また、最近の日本ではうつ病にかかってしまう人も多いですが、うつ病が原因となってEDになってしまうパターンもあり、これも心因性EDに含まれます。

幼少期のトラウマなどが原因になってしまうこともあり、心因性EDはED治療薬の服用以外に本格的な心理療法が必要になる可能性もあります。

場合によってはED治療薬が効果を発揮しないこともあるので、心因性EDになってしまったときは治療薬以外にもカウンセリングなどを受けるのもいいかもしれませんね。

薬剤性EDについて知ろう

薬剤の副作用が原因

器質性EDとも心因性EDとも違うのが薬剤性EDです。

薬剤性EDはその名のとおり、服用している薬の副作用が原因で引き起こされるものです。

医薬品の中には副作用でEDを引き起こすものもあり、そういった薬を普段から飲んでいる場合、薬剤性EDになってしまう可能性が高くなります。

薬剤性EDを引き起こす可能性がある薬は様々なものがあり、降圧剤や抗うつ剤、向精神薬、抗男性ホルモン剤などが含まれます。

特に抗うつ剤や向精神薬は副作用としてEDがあることが明記されていないことが多く、処方してもらうときに副作用の中にED症状があることを伝えられていない場合もあります。

副作用にEDが含まれていることが記載されてないことがある理由には、日本ではまだ薬剤性EDに対する関心が低いことがあげられます。

直接命に関わるような危険な副作用はきちんと使用説明書に記載しますが、EDは直接命に関わる病気ではないため、記載されないことが多いのです。

最近ではうつ病になってしまって抗うつ剤を飲むようになっている人も多いので、薬剤性EDになってしまっている人は増えているといえるでしょう。

服用している薬がある方は、一度副作用にEDが含まれていないか、その薬について調べてみたりするのもいいかもしれません。

EDになっても焦らない!

パートナーとの仲に亀裂

EDは男性としての自信を失うだけでなく、パートナーがいる場合、パートナーとの仲に亀裂が入ってしまう原因にもなります。

そのため、EDになってしまったときは専門のクリニックへ足を運び、まずは診察を受けるようにしましょう。

専門のクリニックへ行くのは恥ずかしいという気持ちから、なかなか足を運ぶ気になれなかったり、先にED治療薬だけを購入して服用したりする人もいますが、EDの原因には様々なものがあります。

素人目で見てもわからない場合や判断が難しい場合でも、EDについて正しい知識を持った医師に見てもらうことでわかったりすることも多いのでEDになってしまったときは最初に専門のクリニックへ足を運ぶことをオススメします。

ですが、ED治療のために専門のクリニックへ行くときは覚えておいたほうがいいこともあります。

ED治療は保険が効かないため、診察費や検査費などは自分で負担しなくてはなりません。

専門のクリニックへEDの相談をしにいくときは費用が足りなかった!なんてことを防ぐために、少し多めに持っていくことをオススメします。

また、診察を受けるクリニックにも様々なところがあるので、事前にインターネットで評判などを検索しておけば、良いクリニックで診察を受けることができますよ。

EDを完全に治すために

ICI治療を説明する医者

EDになってしまったときはED治療薬を飲んで改善していく方法の他にも、場合によってはICI治療という治療法を行って治療していくことになります。

これらの治療法は驚くほどの効果が発揮されますが、これらの治療法を続けているからEDが治るというわけではありません。

ED治療薬の効果もICI治療の効果も一時的なものなので、EDを完全に治すためには生活習慣などの改善も同時に行う必要があります。

今までの食生活や運動の頻度など日常生活をしっかり振り返り、見直していきましょう。

EDを改善するために必要不可欠なのが血液をサラサラに保つことです。

栄養バランスが乱れて血液に含まれている脂肪分が増えてしまったり、運動不足が原因で筋力が衰えてしまったりすると血行が悪くなり、EDになってしまう可能性も高まります。

血液をサラサラにして脂肪を吸収しにくくする食材を積極的に摂取し、タンパク質やビタミンも食事に入れ、運動を取り入れることはEDの発症予防にも繋がります。

また、喫煙や飲酒などの習慣も原因になることがあるので、喫煙や飲酒などの習慣がある方はお酒や煙草は控えめにしたほうがいいでしょう。

EDに効果のある一番効率的な運動はスクワットだといわれているので、運動といってもどんなものがいいのかわからない人はスクワットを始めてみることをオススメします。

治療薬で改善しよう

バイアグラ

先ほども少し触れましたが、EDの治療を行うときは治療薬を服用することがほとんどです。

ED治療薬はその名のとおり、EDを改善するために作られた治療薬で、専門のクリニックで処方してもらうことができます。

治療薬にも様々な種類がありますが、最も有名なのはバイアグラです。

バイアグラは世界ではじめて作られたED治療薬のため、知名度も高く、聞いたことがある人も多いと思います。

ED治療薬は海綿体に存在している、勃起をするときに必要なサイクリックGMPを分解してしまう酵素であるPDE5という酵素の働きを阻害する働きをしてくれる薬です。

PDE5の働きを抑えて海綿体の中に含まれているサイクリックGMPの濃度を高めることで勃起をしやすい状態に導くといった薬です。

簡単にいうと、PDE5が活発になりすぎることによって乱れていた勃起のメカニズムを整えて正常化してくれる働きがある薬です。

ED治療薬の有効性はとても高く、なんと80%以上もあります。

重度のEDに悩んでいた人でもED治療薬を使って適切な治療を行うことで改善されたという人もいるので、EDに悩んでいる人は、まず治療薬を服用してみましょう。

ですが、適切なタイミングで服用しないと思ったような効果を得ることができないので、服用するタイミングなどについてしっかり聞いておくことをオススメします。

正しく服用することが大事

シアリス

ED治療薬を使ってEDを治療するんだったら、誰もが効果の高い治療薬を使いたいと思いますよね。

現在、日本にはバイアグラの他にもレビトラとシアリスというED治療薬が人気を集めており、これらの3つの薬を合わせて3大ED治療薬と呼ばれています。

この3大ED治療薬の中でも特に人気が高く、効果も期待できるのがシアリスです。

シアリスは2007年7月に日本で承認された薬で、発売以来、世界100ヶ国以上で使用されているED治療薬です。

これまでの利用者は1,000万人を超えるともいわれており、2013年の8月には世界シェアが42%を記録しました。

シアリスはED治療薬の中では最も売れている治療薬で、海外ではウィークエンドピルという呼び名でも親しまれています。

シアリスの特徴はなんといってもその持続力です。

服用してから効果が現れるまでの時間はバイアグラやレビトラには劣りますが、かわりに最大で36時間という脅威の持続性をもちます。

そのため、一度服用すれば効果が切れる時間を気にすることなく、ゆっくりと性行為に集中することができるのでシアリスを選ぶ人も増えています。

バイアグラやレビトラよりも緩やかに効いてくるので、即効性のあるED治療薬はなんとなく不安に感じる人にはシアリスがオススメです。

飲み方や注意点は何か

薬を服用する

シアリスは持続性に非常に優れており、とても頼りになるED治療薬です。

ですが、正しくない飲み方をすればその効果を得ることも難しくなってきてしまうので、シアリスを服用するときは正しい飲み方をすることが大切になってきます。

シアリスを使って安全に、そして効果的にEDを治療するためにも、シアリスの正しい飲み方や注意するべきことについてきちんと知っておきましょう。

シアリスは性行為を行う3時間前に、できるだけ空腹時に服用するようにしましょう。

バイアグラやレビトラとは違ってシアリスは身体に吸収される速度が緩やかなため、3時間程度で血中濃度のピークを迎えるという特徴があります。そのため、だいたい3時間前に服用しておくことで性行為を行うときには効果が十分に発揮されている状態になるでしょう。

また、バイアグラやレビトラよりも食事の影響を受けにくいという特徴がありますが、空腹時に服用したときと効果を比べるとやはり低減してしまうので最適なのは空腹時の服用です。

服用したあとに食事をする場合は30分以上間隔を空けましょう。

他のED治療薬がそうであるように、シアリスにも5mg、10mg、20mgの3つの種類があり、それぞれ含まれている有効成分の量が異なります。

用量によって効き目にも変化があり、5mg錠が最も弱く、20mg錠が最も強いといえます。

人によっては本当に効果があるのか不安で多めに服用したりする人もいるかもしれませんが、多く飲んだからといって効果が高まるわけではありません。

決められた用法用量をきちんと守って服用するように心がけましょう。

また、シアリスを服用したときにグレープフルーツを食べることは避けましょう。

これはグレープフルーツに含まれているフラノクマリンという成分が、シアリスの成分が抜けていくのを邪魔し、シアリスの成分が身体に多く残って悪影響が出てしまう可能性があるからです。

シアリスには併用禁忌薬もあるので、他に服用している薬がある人はシアリスを飲む前にクリニックへその薬を持っていき、併用禁忌薬ではないか確認してもらいましょう。

シアリスは危険な薬?

シアリスに危険性はあるのか?

バイアグラで起きた事故の話などを聞いたことがある人は多いと思います。

そのため、ED治療薬は頼りになるけれど心臓に負担がかかる怖い薬という認識をしてしまっている人たちもいるのではないでしょうか。

その先入観から「シアリスも危険な薬なのではないか?」「心臓に負担がかかる薬なのではないか?」と考えてしまい、シアリスは危険な薬だと思ってしまっている人もいるかもしれません。

しかし、シアリスは危険な薬だという認識は実は間違いなんです。

そもそも一時期よく耳にしたバイアグラの死亡事故も、服用した人が間違った服用方法をしていたというのがあります。

間違った服用の仕方をせずに、正しい方法で服用すればシアリスやバイアグラといったED治療薬は安全に使うことができる治療薬です。

また、シアリスはバイアグラやレビトラよりも副作用が少なく、安全性もさらに高くなっているという大きなメリットがあります。

3大ED治療薬の中でも特に安全に使える薬だといえるので、シアリスの使用を検討しているという人は安心してシアリスを服用してくださいね。

シアリスで危険な事故が起きたという話があっても、それは服用方法を間違えてしまっていた可能性がとても高いです。

シアリスを服用するときはシアリスについて、正しい知識を得ておきましょう。

副作用や安全性は?

シアリスの副作用や安全性

先ほども少し触れましたが、シアリスは安全性も高く、副作用も少ない薬です。

そのため安全性が高いED治療薬を使いたいと考えている人はもちろん、できるだけ副作用が少ない治療薬を使いたいと考えている人にもぴったりな薬です。

ですが、シアリスは副作用が出にくいというだけで、全く出ないというわけではありません。

もし副作用が出ても慌てたりせずにすむように、シアリスの副作用にはどんなものがあるのか知っておきましょう。

シアリスの副作用でよく確認される症状は、頭痛やほてり、消化不良などがあります。

この他にも背部痛や筋痛、鼻づまりなども確認されており、頻度が少なく珍しいものでは眼痛や結膜炎、色覚異常などの目の症状もあります。

また、シアリスを服用することによって発疹や蕁麻疹、顔面浮腫、剥奪性皮膚炎などの過敏症がごく稀に起きることもあるようなので、もしこういった重大な副作用が起きた場合はすぐにシアリスの服用を中断し、病院へ行きましょう。

軽度な副作用で、少し気になる程度のものならそのまま使い続けても問題ないといえるでしょう。

副作用が出ることもあると聞くと不安に感じる人もいると思いますが、シアリスはバイアグラやレビトラと比べて、副作用が出た人は3割程度と少ないです。

バイアグラやレビトラよりも少ないので、シアリスは安全性が高く、安心して使うことができる薬といえるでしょう。

シアリスを通販で買える

シアリスをスマホで購入する男

ED治療薬の中でも特に頼りになるシアリスですが、手に入れるためにはどうすればいいのか気になっている人たちもいるのではないでしょうか?

シアリスを手に入れるためには、ED治療を行っている専門のクリニックへ行って診察を受けたあと、専門の医師に処方箋を出してもらう必要があります。

シアリスは医師の処方箋がなければ手に入れることができない処方箋薬なので、一般的なドラッグストアでも取り扱われていません。

専門のクリニックで健康状態に異常がないこと、併用禁忌などの恐れがなければ処方してもらうことができるので、最初は専門のクリニックへ行くことをオススメします。

また、シアリスを手に入れる方法はこれだけではありません。

専門の医師に処方箋を出してもらう以外にもシアリスを手に入れる方法は存在しており、若い人でEDになってしまった人はクリニックで処方してもらうのではなく、もう一つの方法で手に入れている人たちも大勢います。

その方法が個人輸入代行サイトの通販を利用して手に入れる方法なのですが、こちらの方法だと処方してもらう前に医師の診察を受けることはできません。

シアリスの併用禁忌などについても自力で調べることになるので、注意が必要です。

オススメの個人輸入代行サイト

 薬通販|シアリスジェネリック|ED治療薬|お薬なび

病院での処方と個人輸入

病院での処方で購入する

シアリスを入手するためには専門のクリニックへ行くか、インターネットのサイトを利用するかしなくてはなりません。

それぞれの入手方法にはどのようなメリットとデメリットがあるのか知ってから、購入方法を選びたい人もいると思います。

病院で処方してもらう方法と、個人輸入代行サイトで購入する方法。

シアリスにある2つの購入方法について、ご紹介します。

病院で処方してもらう方法は最も一般的な入手方法で、確実に、そして安全にシアリスを入手することができます。

また、専門の医師の診察を受けるので何か気になることがあれば医師に相談することもできるというメリットもあります。

わざわざ専門のクリニックまで行かなくてもドラッグストアで販売されたりしてるんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、シアリスは専門の医師による処方箋が必要な要処方箋薬の中の一つです。

日本国内で要処方箋薬に分類される薬は必ず医師の処方箋が必要で、処方箋無しに処方箋薬を購入することはできません。

そのため、シアリスはドラッグストアでは取り扱われておらず、ドラッグストアで購入することはできません。

処方されたものなら100%正規品のため、心の底から安心してシアリスを服用することができますが、EDは保険が効かない病気なので薬代がどうしても高額になってしまうデメリットもありますので、注意が必要です。

もう一つの方法がインターネットにある個人輸入代行サイトを利用し、シアリスを注文することで手に入れる方法です。

こちらの方法は、今インターネットでも話題になっており、多くの人が個人輸入代行サイトを利用してシアリスを購入しています。

病院で販売されている価格よりも安く手に入る、病院が開いていない時間にもシアリスを注文することができるといったメリットがあります。

しかし、手元に届くまでには時間がかかるので注文して購入するときは注意しましょう。

安いジェネリックもある

タダリス

シアリスは大体の相場で、1錠2,000円前後の価格になります。

専門の医師に処方してもらう場合はここにさらに診察費などが必要になってくるので、シアリスを一つ手にするだけで結構なお金が必要になります。

ED治療薬はある程度飲み続けなければならない薬のため、高い薬を継続して購入し続けるのは難しいと感じる人も多いと思いますし、薬代をできるだけ安く抑えながらEを治療したいと考えている人もいるのではないでしょうか。

薬代は抑えたい、だけどシアリスのように効果の高い治療薬を手にしたいと考えている人は、シアリスのジェネリック薬を試してみるという方法もあります。

人気の高いシアリスにはジェネリック薬も多数作られており、様々な名前のシアリスジェネリックを手にすることができます。

ジェネリック薬は先に発売されたブランド薬と同じ成分で作られています。そのため、シアリスの場合はシアリスと同じ効果を期待することができます。

同じ効果が期待できるなら値段も高いのではと思ってしまうかもしれませんが、ジェネリック薬はブランド薬とは違って薬の開発にはお金がかかっていません。

そのためブランド薬よりも安い価格で販売されているという、ブランド薬と同じ効果なのにブランド薬よりも安いというとても嬉しい薬になっているんです。

できるだけお財布への負担を軽減しつつEDを治療したい人は、シアリスジェネリックを試してみるといいでしょう。

ジェネリックは通販で

シアリスジェネリックをサイトで入手する男

今はシアリスを服用しているけれど、シアリスよりも安く手に入れることができて、シアリスと同じ効果が期待できるのなら薬代を節約するためにもシアリスジェネリックへ切り替えようかと考えている人もいるかもしれません。

多くのEDに悩む男性にとって強い味方になってくれるといえるシアリスジェネリックですが、どうやって手に入れるのかよくわからないままの人もいるのではないでしょうか。

シアリスのジェネリック薬はどのようにして購入すればいいのでしょう。

シアリスジェネリックを手に入れるためには個人輸入の通販サイトを利用する必要があります。

シアリスのジェネリック薬はまだ日本のED治療専門のクリニックでは取り扱われていないので、通販からでしか入手することができないのです。

シアリスを取り扱っている個人輸入の通販サイトなら、シアリスと一緒にジェネリックも取り扱っていることが多いので、比較的簡単に入手することができるでしょう。

ですが、個人輸入の通販サイトではシアリスやシアリスジェネリック以外のED治療薬やジェネリック薬も取り扱われているので、間違えてシアリス以外の治療薬を購入しないように購入するときはよく確かめてから購入しましょう。

偽物もあるから気をつけて!

シアリスの本物の10mg

シアリスやシアリスジェネリックは一度服用すれば効果が長く続くため、これからも多くの人が手に取るED治療薬になることが予想されます。

しかし、有名で人気が高い分、シアリスやシアリスジェネリックには粗悪品や模造品などの偽造品も出回っているため、購入するときには注意が必要です。

特に通販で多く出回っているので、シアリスやシアリスジェネリックを個人輸入の通販サイトを利用して購入するときは気を付けましょう。

最近は偽造品も本物そっくりに作られていることもあり、成分分析にかけなければ偽物であるかどうか確かめることができないこともあります。

こういった偽物のシアリスやシアリスジェネリックを服用してしまった場合は、何らかの健康被害や大きな副作用などが出てしまうこともあるため、非常に危険です。

個人輸入の通販で手に入れた薬は服用するのは使用する人の自己責任になるという特徴があり、何らかの健康被害を受けてしまってもそれは服用した本人の責任になってしまいます。

個人輸入の通販サイトを利用してシアリスやシアリスジェネリックを購入する場合は、偽造品を購入しないように気を付けなくてはなりません。

個人輸入の通販はとても便利なものですが、リスクもあることをきちんと理解してから利用するようにしましょう。

興奮しっぱなしになる?

興奮している男

シアリスに限らず、全てのED治療薬によくある誤解が、一度服用したら興奮して勃起しっぱなしになるのでは?というものです。

シアリスなどのED治療薬は勃起に関係した薬のため、精力剤や興奮剤と同じようなものと考えてしまっている人もいますが、ED治療薬とこれらの薬は全くの別物です。

シアリスなどのED治療薬はPDE5阻害薬という呼ばれ方をしているという面もあり、あくまでも勃起が起きにくくなる原因であるPDE5の働きを阻害し、血流を改善することによってスムーズに勃起しやすくなるようにサポートする薬です。

性欲増強や興奮などの効果はシアリスには含まれておらず、服用したからといってすぐに勃起するわけでもなければ、勃起した状態のままになるというわけでもありません。

シアリスの成分が体内に吸収されただけでは勃起は起きず、性的な刺激や性的な興奮を感じたら勃起が起きるようになっています。

そのため、シアリスは服用したら勃起しっぱなしになるという誤解からシアリスの服用を躊躇っているという人は安心してくださいね。

また、精力剤や興奮剤とシアリスを同じようなものと考えていた人もいると思います。しかし、その認識は誤解ですので、シアリスについて調べて正しい知識を得るようにしましょう。

おすすめの記事

タダリス

種類が豊富なジェネリック医薬品

シアリスのジェネリックはいくつか種類があります。その中で厳選したものをご紹介。

スマホで通販サイトから購入する

悪徳業者を見抜こう!

シアリスを通販で購入するときは偽物に気をつけましょう。本物を購入するための注意点について説明します。

シアリス

病院でも処方してもらえる

シアリスを処方してもらうには病院で受診しなければなりません。保険外となるのでお値段も…お得な買い方をご紹介

EDで悩んでいる男

EDの原因は

30代でEDになる原因や妻にだけ症状がでてしまう人について