TOP > EDの原因は

30代でEDになる原因や妻にだけ症状がでてしまう人について

いろんなEDがある

EDで悩んでいる男

30代になったらEDに気を付けたほうがいいという話を耳にしたことはありませんか?

男性は30代から中折れなどのEDの症状が増えてくるといったものですが、本当なのかわからないから信じていないという人もいるのではないでしょうか。

実はこの話は本当のことで、30代でEDに悩んでいる人は大勢いるんです。

男性の30代は家庭を持ち始めたり、会社で責任のある仕事を任されたりと変化が大きい時期でもあります。

そのためストレスを感じやすく、心因性のEDになりやすい時期でもあるんです。

また、仕事の付き合いなども増えてくるので不摂生になりやすく、結果、器質性EDを発症してしまうこともあります。

30代のEDは生活習慣病の予兆ともいわれており、30代でEDになってしまったという方はEDの治療と共に必ず自分の生活習慣を見直すようにしましょう。

糖尿病や高血圧などの症状と一緒にEDの症状が出ることも少なくないので、10年後、20年後に大きな病気にかかってしまうリスクを避けるためにも30代でEDになってしまった場合は速やかに専門のクリニックで診察を受けることをオススメします。

1人で抱えてしまうとうつ病を併発してしまうこともあるので、1人で抱え込まず、専門の医師に相談するようにしましょう。

新しいタイプもある

EDなのを妻に告げる男

EDのタイプには新しいタイプのものもあり、原因はどんどん複雑化しています。

相手が妻のときだけ症状が出てしまう妻だけEDや排卵日のプレッシャーでEDになってしまう排卵日ED、さらには結婚直後に起こる新婚性EDなどもあります。

特に新婚性EDは若年層にも急増しているので、30代の人に限らず若い人たちも警戒したほうがいいでしょう。

妻にだけEDになってしまうのにもきちんとした原因があり、最も多いのは妻を女性として見ることができなくなってしまっているケースです。

日本の男性には長い間連れ添った妻を家族としてしか見られなくなってしまう人が多く、妻が相手のときにEDになってしまう人たちも多いんです。

また、排卵日EDは結婚して間もない若い男性に多い傾向にありますが、晩婚化の影響や高齢出産の増加などの影響で中年男性にも増えていますので、油断はできません。

新婚性EDは新婚初夜の緊張や過去のトラウマなどから起きることがあり、お見合い結婚や性交経験がない男性に多く見られるようです。

新婚性EDは妻である女性のほうにもネガティブな感情を抱かせてしまい、夫婦間の亀裂の原因となってしまいますので、放置せずに症状を自覚したらできるだけ早く治療するようにしましょう。

若いからと油断できない

バーチャルEDに罹った男

また、こういった新しいタイプのEDの中にはバーチャルEDというタイプもあります。

バーチャルと名前についているのでなんとなく理解できた人もいるかもしれませんが、バーチャルEDはアダルトビデオで性的な欲求を満たしてきた人が実際の性行為では上手く勃起しないタイプのEDです。

自身でのマスターベーションに慣れてしまった結果、女性の膣内の刺激だけでは足りなくなってしまい、射精することができなくなってしまい中折れしてしまうというものです。

日本はアダルトコンテンツが優れており、非常に刺激的なものもたくさんありますが、そればかりだとパートナーができたときに困ることになるので注意しましょう。

バーチャルEDは20代の男性にも多いので、若いからEDにはならないと油断はできません。

EDはストレスやうつ症状なども原因となって起きるので、ストレスを多く抱えている人やうつ病の症状がある人もEDになる可能性は十分にあります。

特に最近の日本は若い世代の人も多くのストレスを抱えており、仕事が上手くいかないことや長時間労働などによって、うつ症状を発症してしまう人もいます。

そのため、EDは20代以降の男性なら誰でもなる可能性がある可能性がある病気だといえるでしょう。

まだ20代だという人も、30代だからそろそろEDに気をつけようかと考えている人も、EDの予防や対策をしっかり行っておくことをオススメします。

EDを予防するためには

疲労した中高年

様々な原因から引き起こされ、若い男性も中高年の男性もかかってしまう恐れのあるED。

厄介なEDになってしまわないようにするためには、普段からしっかり予防をすることが大切です。

EDの予防でまず大切なことは、規則正しい生活です。

生活が乱れると肥満や糖尿病、高血圧、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病を招きやすくなり、それと同時にEDになってしまう可能性も高くなっていきます。

普段からバランスのよい食事を心がけ、睡眠はしっかりとって疲れをためないようにし、適度な運動をすることが何よりも大切です。

また、EDはストレスがたまることで発症する可能性もあるので、ストレスをためないように適度に発散させたり、リラックスタイムをとって心に余裕をもつようにしたりすることも大切です。

煙草や飲酒の習慣がある場合は、煙草の吸いすぎとアルコールの飲み過ぎに気をつけることも忘れてはいけません。

少し変わった予防法ですと、きつい下着は性器をしめつけて熱を持ちやすくするためEDになりやすくなってしまうため避けたほうがいいというものもあります。

EDになる可能性を少しでも減らしたいと考えている人は、こういった部分にも気を付けてみるといいかもしれません。

EDの予防では食事、運動、休養の3つのポイントが大きな軸になります。

これらのポイントは普段の健康管理にも重要になってくるので、しっかり覚えておきましょう。