TOP > 悪徳業者を見抜こう!

シアリスを通販で購入するときは偽物に気をつけましょう。本物を購入するための注意点について説明します。

通販サイトで購入する前に

スマホで通販サイトから購入する

インターネットでも非常に話題になっている個人輸入の通販サイト。

様々な薬を格安価格で手に入れることができるので多くの人たちの間で話題になっており、実際にシアリスやシアリスジェネリックを通販で購入する人たちもいます。

病院がしまっている時間でも気軽にシアリスを注文することができるという大きなメリットもありますが、便利だからとすぐに利用するのではなく、シアリスを通販で購入するときの注意点もきちんと調べておきましょう。

シアリスを通販で購入するときに最も注意するべきなのが、その通販サイトは正規品を取り扱っている信用できるサイトであるかどうかという点です。

今のED治療薬の市場はだいぶクリーンになったという意見もありますが、それでもまだシアリスやシアリスジェネリックの偽造品は出回っています。

信用できるかどうかわからないサイトでは偽造品を取り扱っている可能性もあるので、他の通販サイトよりも安いからといって安易に飛びつかないようにしましょう。

通販を利用してシアリスを購入するときは警戒しすぎるくらいで丁度いいですし、そのほうが安全に利用することができますので、明らかに他のサイトよりも安すぎる場合は一度冷静になって本当に信用できるサイトかどうか確かめるようにしましょう。

偽物かどうか見抜こう

シアリスの偽物

シアリスを通販で購入したはいいけれど、偽物の話も多く耳にするから購入したシアリスが本物かどうか見分けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

どのポイントに注目して見分ければいいのか覚えておけば安心できますし、購入するときにも偽物かどうかある程度見分けることができますよね。

安全に通販でシアリスを購入するためにも、本物のシアリスと偽物のシアリスの見分け方を覚えておきましょう。

手に入れたシアリスが本物か偽物かどうか見分けるときに、最もわかりやすいポイントが薬の表面に施されている刻印です。

シアリスは錠剤タイプの薬で、黄色い卵型の形状をしていますが、表面に「C10」や「C20」などの刻印が施されています。

日本で取り扱われているシアリスの正規品は10mgと20mgしかないので、この刻印が「C50」「C100」など、有り得ない数値になっていたら偽物である可能性が高いです。

また、シアリスだといっているのに1錠あたりの値段が安すぎる場合も偽物や粗悪品の可能性がありますので、服用するのは避けたほうがいいでしょう。

シアリスの通販では55.4%が偽造品だといわれています。

偽造品のシアリスは効果がなかったり、成分が倍以上含まれていたり、他の成分や不純物が混じっていたりと大変危険なので、シアリスを通販で購入するときは必ず本物か偽物かどうか疑い、本物のシアリスを購入しましょう。

もし、自分で見分けるのは自信がないというときは、専門のクリニックへ持っていき、専門の医師に判断してもらいましょう。

悪質なサイトに気をつけて

悪質サイトを懸念する医者

現在の日本にはたくさんの通販サイトが存在していますが、その中には悪質なサイトもあることは皆さんよくご存知だと思います。

シアリスやシアリスジェネリックを購入することができる個人輸入の通販サイトでも、一般的な通販サイトと同じように悪質なサイトが多数存在しています。

個人輸入の通販サイトが登場してから信頼できる業者もそうでない業者も個人輸入の通販サイトを立ち上げているので、個人輸入の通販サイトを利用してシアリスを購入するときは本当に信頼できるサイトからのみ購入するようにしましょう。

悪質なサイトは相場よりもはるかに安い値段で商品を売っていたり、連絡先の記載が曖昧だったりすることが多いです。

こういったサイトで購入するシアリスは偽造品である可能性も高いですし、そもそもお金を振り込んだのに商品がいつまで経っても届かないなんてこともあります。

せっかくシアリスを購入しようと思ったのに、そんなことになってしまうと落ち込んでしまいますし、お金も無駄にしてしまったと感じてしまって良いことはありません。

安さに惑わされず、シアリスの通販購入をするときはそのサイトが本当に信頼できるかどうかをしっかり考えてからにすることをオススメします。

悪質なサイトは利用しない

悪質なサイトは利用せずに消去

それでは、悪質なサイトに引っかかってしまわないようにするためにはどうすればいいのでしょうか。

実は個人輸入の通販サイトで悪質なところには特徴があり、その特徴を覚えておくことである程度見分けることができるんです。

安全にシアリスを通販で手に入れるためにも、悪質なサイトの見分け方はしっかり覚えておきましょう。

優良な通販サイトには運営者情報と会社情報、特定商取引などの記載がきちんとされており、代表者名や会社住所、建物名、電話番号なども書かれています。

これらの情報がサイトのどこにも記載されていない場合はその時点で怪しいので、利用しないことをオススメします。

また、電話番号や会社住所が日本国内ではなく海外だった場合も、緊急の連絡がある場合にも時差などの関係で連絡が取りづらいのであまりオススメできません。

支払い手続きの方法も事前に振り込みをしなくてはいけない業者も警戒し、クレジットカード支払いなら全てのブランドのクレジットカードが問題なく使えるかどうかも確かめておくことをオススメします。

クレジットカードの決済手数料を請求したり、年会費を要求してきたり、注文画面や代金支払い画面、個人情報の入力画面でセキュリティ機能が搭載されていないようなサイトは個人運営者が片手間のお小遣い稼ぎとしてやっているケースもあるので注意しましょう。